おしっこトラブルについて

子供の頻尿の診断について

日付:2019年04月18日

1.どのような検査をするの?

まずは、尿検査を行い膀胱炎などによる白血球や血尿がないか確かめます。頻尿の程度がひどい場合は採血も行い、炎症反応や腎機能等についても検査します。

さらに、問診によって、他の自覚症状や頻尿になった時のストレス状態を把握していくことで心因性頻尿か他の疾患による頻尿かの区別を行います。就寝中にトイレで起きるなどの症状がみられないことは心因性頻尿の診断の手がかりになります。

長期間持続する頻尿や極端に短いトイレ間隔、また残尿感などを訴える患者さんには超音波検査による膀胱容量測定や残尿測定などを行うこともあります。

さらに、必要に応じて膀胱造影検査や膀胱内圧測定、MRI検査を行うことがありますが、精密検査が必要となるのはごく一部のお子さんに限られています。