おしっこトラブルについて

排尿日誌をつけましょう

日付:2019年04月18日

1.排尿日誌とは

排尿日誌とは、他覚的な検査として排尿パターンの評価や尿漏れの回数の評価に用いるもので、排尿状態の把握、診断、治療計画にとても有用です。

お子さまのおしっこの記録をつけることで、いろいろなことがわかってきます。排尿のたびに、時刻や尿意、排尿量や尿もれがおきた時の状況を詳細に把握することは、お子さんの排尿を管理することにもつながっていきます。

病院を受診するときにこの記録を持参すれば、医師は必ずそれを参考に診断してくれるはずです。

2.排尿日誌のつけ方

できれば3~4日間、24時間、毎回の排尿の時間と量、尿意の有無、尿もれの状況や排尿時の違和感を記録します。

就寝から起床までも、尿意で目覚めてトイレに行ったらその時間、排尿量も記録します。

排尿記録はおおまかな1回排尿量や昼夜の排尿量の配分などがわかればいいので、休日の余裕のある日につけるということでいいのです。

方法;計量カップで1回ごとの排尿量を計ります。計量カップは100円ショップでも手軽に入手できます。その他、ファーストフード店の大きな飲み物のコップや、コップ状に切り取ったペットボトルに50ccおきにフェルトペンで線をひくなどしても結構です。

  1. 日付を記入します。
  2. 排尿の度に、時刻を記入します。
  3. 「がまんできない尿意」の欄は、おしっこをしたい感じがして、急いでトイレへ行った時だけ○を記入します。
  4. 入浴の前なのでトイレへ行ったとか、大便をしたついでに排尿もあったとかの場合は空欄です。
  5. 尿量(尿もれではなく、トイレでの排尿)の欄に、排尿の度に排尿量を10mlきざみで記入します。
  6. 前回排尿から今回排尿までに尿もれがあったら、尿もれの欄にだいたいの量の目安をメモします。
  7. 飲み物の量は、食事以外に摂取した水分量を記載します。
  8. 排尿時に、痛みや出しにくさを感じるような場合は、欄外にメモします。

3.排尿日誌をダウンロードしましょう

下記の場所から排尿日誌をダウンロードしましょう。早速、日誌をつけてみてください。

排尿日誌をダウンロード

つけた排尿日誌を参考にして、お子さんのトイレに促す間隔や飲水量のコントロールをしてみましょう。分からないことがあれば、担当医に相談してみてください。