おしっこトラブルについて

保護者の方へ(尿トラブル外来)

日付:2019年04月18日

1.ご両親の心構えについて(小児科専門医・教授からのアドバイス)

子どもの排尿障害はその原因やメカニズムの全てがわかっているとはいえません。膀胱や腎臓の機能障害や神経の障害を伴っている場合もありますし、情緒や精神面でのトラブルが原因となっていることも考えられます。便秘を合併している子供も多くみられます。

1回の診療や1つのお薬だけですぐによくなる場合は少なく、長い期間をかけて、担当医とご家族が協力しながらお子さんにあったお薬をみつけ、根気よくお子さんの治療を続けることが何よりも大切です

すぐに良くならないからといって、治療を中断すると、かえって治癒を長引かせてしまう場合があります。まずは、専門の医療機関で相談する勇気をもってください。そして、一度治療が始まったら、よくお子さんの状態を確認して、毎日の様子を排尿日記などに記載し、担当医と相談しながら一番良い方法を見つけていく努力を共にしましょう。

きっと、ある日突然におもらしや尿漏れから開放される日が訪れます。ご両親とお子さんの悩みが深ければ、深いほど、治った喜びもきっと大きなものになります。さら、これから一緒におもらしに取り組んでいきましょう!