おしっこトラブルについて

子どものおもらし対策(心理面)

日付:2019年04月18日

1.親の正しい接し方は、心のケアーはどうするの?

何よりも怒ったり、あさらせたりしないことが一番大切です。普段からお子さんに優しく接しているご両親でも、お漏らしや尿漏れを見つけると、心がふさぎ込んだり、将来が心配になったりして,お子さんを怒ってしまうことが度々あると思います。

しかし、怒られているお子さんからすると、「どうして僕の(私の)体のことが分かってくれないの! わざとじゃないのだよ!」、このような気持が積み重なり、怒られるたびに心がふさぎ込んでしまいます。

特に昼間のお漏らしは、体の構造や機能に問題がある場合が多く、決して意図してやっている訳ではないので、よりいっそう怒られる事で心がナーバスになって、おもらしを隠すようになります。

怒らない事で、お漏らしやおねしょが治る訳ではありませんが、怒る事は症状を悪化させ、治癒を長引かせる原因となります。

また、お漏らしそのものも、子どもの心に悪影響を与え,自尊心やセルフイメージを低下させてしまうことがあります。昼間のお漏らしがいじめや登校拒否の原因となることもありますし,尿漏れが修学旅行や課外活動の障害となることもありますので、しっかりと,お子さんの日常生活を観察し、おもらしの原因を理解して、一緒に治していこうという心構えで接する事がとても大切です。

まずは2-3週間程度、全くおこらない期間を設けて、お子さんの様子を観察してください。きっと今までとは違ったお子さんの一面が見えてくると思います。

また、ADHDや自閉スペクトラム症などのお子さん、心の悩みの問題を抱えている児童にたいしては、児童心理士など心のサポート外来を受診してみましょう。

児童心理士の先生が、子供の心の状態にあわせた、適切なアドバイスや対処法を教えてくださると思います。また、ご両親に話せなかった悩みや相談などを心理士の先生に打ち明けることもよくあります。今まで悩んできたおもらしのことを人に話すことで、心の悩みを解決できることもあります。

可能であれば、おもらしや尿漏れが専門の医療機関に併設されている児童心理外来を訪れてみてください。このような医療機関の児童心理士の先生は、おもらしをするお子さんの心をよく理解しており、おもらし対策やサポートにも精通しています。病院受診は面倒に感じると思いますが、勇気をもって医療機関を受診する事が、おもらしを治すうえでとても大切なことだと思います。