おしっこトラブルについて

子どものおもらし対策 (日常生活面)

日付:2019年04月18日

1.日常生活で大切なことは?(小児科専門医・教授からのアドバイス)

(1)たくさんお水を飲んで、規則正しくトイレにいくことが大切です。

お漏らしを防ぐために水の摂取量を少なくなると、脱水症の危険が増すだけでなく、膀胱炎や腎盂腎炎などおしっこの感染症の原因にもなります。

このような感染症を合併すると、おもらしや尿漏れがよりひどくなるばかりでなく、治癒も遅れる原因になります。

飲み物は麦茶やお水、イオン飲料などが一般に勧められます。緑茶やウーロン茶、コーヒーやココアなどのカフェインを含むもの、またジュースやコーラなどの炭酸飲料は糖分を多く含むため、なるべく避けて下さい。

(2)トイレに連れていく回数を増やしましょう。

トイレに行く間隔は、お子さんの膀胱の大きさにより異なってきますので一概には決められませんが、少なくとも日中に2時間ごと、6回以上は時間を決めてトイレに行くようにしてください。

お漏らしをするお子さんのなかには、遊びやゲームに夢中になっているとトイレに行きたがらないこともありますが、時間を確認して、自らトイレに行けるようにご家庭でも訓練するよう心がけてください。

(3)トイレでゆっくりと排尿させることも大切です。

お漏らしをする子供のなかには、上手におしっこを出し切れないことがあります。また、おしっこの切れが悪いために、パンツをはいた後にお漏らしをしてしまう場合もあります。

いずれの場合も、ゆっくりとリラックスして排尿するように習慣づけてください。

ストレスや環境により緊張が強いままトイレに行くと、排尿筋の調節がうまくいかず、沢山の残尿を残してしまう原因になります。

男の子でも、便座に座って1-2分程度かけて排尿すると良いでしょう。また、残尿が多い子供には二段回の排尿が有効です。これは、いったんおしっこを出し終わった後に、5〜10分経ってから再度トイレにいっておしっこをする方法です。

3.排便習慣をつけること

毎日規則正しく排便をすることは、膀胱への圧迫を取り除き、おもらしや尿漏れを治すうえでとても大切です。

おもらしで来院される子供の約30%に頑固な便秘を認めます。特に年長児になると、お母様が子供の便の性状を確認することがほとんどないため、便がとても固かったり、量がすくなかったり、逆にお水のような便が出ていたりすることがあります。

実際に毎日トイレにいって排便をしていても、少量の便しか出ていないため、便秘症と診断される子供もいます。

便秘そのものがおもらしの原因になっていることもありますので、LG21などのヨーグルトやヤクルト400などの乳製品を毎日摂取したり、食物繊維を多くとるようなお食事にしたり、日中沢山活動することや夜遅くの食事を控えることなど、お腹と腸の環境を整えてあげてください。

便秘が原因となっているお漏らしのお子さんは,便秘の改善にしたがって顕著におもらしもなくなりますので,しっかりとした便秘対策が重要です。