おしっこトラブルについて

昭和大学藤が丘病院の昼間のおもらし外来の受診方法

日付:2020年02月11日

昭和大学藤が丘病院小児科では、昼のおもらし、尿モレ、ちびりなどの症状に特化した専門外来を開設しています。外来開設以来、1万人以上のお子様の昼間のおもらしやちびりなどの尿トラブルの治療を行い、87%の患者さんが治癒されて、尿トラブル外来を卒業されています。

[受け入れ態勢] 毎週月曜日、金曜日の午後2時から2時半を初診患者さん専用の診察日としています。予約していただいた患者様の診察は子どもの尿トラブルを専門としている経験豊富な医師が担当します。

受診を希望される方は,Web予約も可能昭和大学藤が丘病院の初診の方へ(←ここから昭和大学藤が丘病院HP)のページから予約を取ってください。お漏らしで悩んでいるお子さまや保護者の方に必ず力になれると思います。

尿トラブル外来で日中のおもらし(尿モレ、過活動膀胱)、トイレが近い(頻尿症)などのお子様を積極的に受けていれていますので安心してお越し下さい。ADHDや自閉症などの発達障害が疑われるお子様や、心理的な影響が考えれられる場合は、小児科に併設している児童心理外来と連携して治療しています。

[年齢] トイレトレーニングが終了する3歳前後から高校生まで、年齢を問わず受けて入れています。18歳以降の患者様につきましては、成人の泌尿器科に紹介させて頂いています。

[受診地域] 関東近郊が中心ですが、北海道や九州をはじめとして日本全国から多くの患者さんが来院されています。<遠方から受診いただいた患者様の声>また、海外在留邦人(アメリカ、イギリス、オーストラリア、ロシア、ブラジル、チリ、ドバイ等)のお子様も受診されています。

最初に簡単な検査を行います(血液検査、尿検査、腰のレントゲン検査など;通常受診当日に終わります)

症状が安定すれば外来受診は1〜2ヶ月に1度の頻度ですので、遠方からの通院も不可能ではありません。

遠方からの受診のために昭和大学藤が丘病院小児科に通うことが難しい患者様は、自宅近くの医療機関に紹介状を送って、相互に連携を取りながら治療させていただきます。

当院に初めて受診される方は,まず初診受付にいらしてください。受診される際に紹介状を持参なされると,ベット数が200床以上の病院受診の際に課せられる選定療養費の支払いが必要なくなりますので、紹介状をもって受診して下さい。

 

ドクタープロフィール

プロフィール画像
池田裕一
(教授/昭和大学藤が丘病院 小児科)

3000人以上のおしっこトラブルを抱えた子供達を治療し、20年以上大学病院で子供のおしっこトラブルに関連した診断と治療の開発に情熱を捧げてきた小児科医の目から、正しく偏りなくお届けします。